鈴木東建

POINT1 まるで、ダウンジャケットを着るように、外側を包み込みます。

内断熱と外断熱の違い

「外断熱」という言葉は最近よく耳にすると思います。
それはまるでダウンジャケットを着るように、建物の外側を完全に断熱材により包み込む工法のことです。
世界中に合理的な方法として普及しており、
日本、特に北海道の寒暖がはっきりとしている気候には最適な工法です。
日本のコンクリートの建物は、これまでほとんど「内断熱」です。
「外断熱」には「内断熱」にはないメリットがたくさんありますので、お客様の快適な住まいを提供し、
「外断熱」のファンになることは間違いありません。

copyright (C) SUZUKITOKEN INDUSTRIES,LTD. all rights reserved.