Business Lines 事業内容

技 術 管 理 部

技術の共有化と新技術の保有により、安全で安心な施設建設のサポートをしています。

都市空間から住空間まで様々な社会環境に対応し、社会のニーズに応えるため、当社が今まで培ったモノを造る知識と技術をより良く生かす為、当社は各部署間の情報及び技術の共有化と集結をはかり、計画・施工・監理においてのサポート・バックアップを行うと共に、新技術の取得にも挑戦し、より良い技術の提案と次世代に残る多種多様なノウハウの伝承を目指しています。

主な実績

▼クリックで拡大します
非開削コアサンプリング工法

掘削を行わずに基礎ベース部よりコンクリートを採取することができ、工程・コストの削減および作業スペースの縮小ができます。設計上、掘削が不可能な場合に有効な工法です。

非開削サンプリング工法施工フロー

オーガ1本目セット
開削刃付オーガ取り付け

・オーガを垂直になるようにセットする。

回転して掘下げ
・オーガの垂直を確保しながら掘下げる。
・掘削土をかき寄せる。

オーガ2・3・4本目セット
ベース天端まで開削

・ベース天端に達したら、破損を防ぐため荷重をかけない。

土砂除去
・200Φビットを建て込み、コア採取装置取付け架台を設置する。
・オーガで取りきれない土砂を除去する。

コア採取
・コア採取用100Φビット
・装置を取付け、共試体を採取する。

コア採取
・直径の2倍以上の長さの共試体を採取する。

削孔部清掃
・共試体採取時の水、切り粉をバキュームで吸い取る。

速硬性モルタル充填
・100Φ塩ビパイプを使用し、モルタルを確実に充填する。

プラスチック板設置
・モルタルを土砂から保護するため、直径20センチのプラスチック板を投入する。

埋め戻し
・開削穴を埋め戻す。

特許証

【特許番号】 特許第5165640号

【発明名称】 送電用鉄塔の基礎コンクリートの劣化診断方法